Call: (86) 755 8235 3177 | Email: Denchi.message@denchi.cn

中国と香港間の配当金に係る税収優遇政策

B社は深セン市にある日系生産企業A社の親会社である。マネジメントが中国と香港間の租税条約の関連規定に詳しくないため、A社はB社へ配当金を支払う際に、10%の税率で申告していた。2013年に、弊社はA社のために、その主管税務局に中国と香港間の租税条約に規定された5%の優遇税率を申請し、且つ成功した。

私どものサービス
 企業に配当金に係る税収優遇政策の申請に必要な情報及び資料を収集した。
 B社の経営実質を分析し、B社が受益者の関連条件を満足するか否かを判断した。
 A社の配当金の対外送金に関する董事会決議について主管税務局に契約届出を申請した。(税収優遇の申請の前の必要な手続き)
 取得した情報及び資料に基づき、税収優遇の申請文書を作成し、特に、B社が受益者の条件に合致する説明書を作成した。
 A社の主管税務局に税収優遇の申請文書を提出し、主管税務局の質疑に回答し、結果として主管税務局の同意文書を取得した。

結果

上述事例において、顧客の依頼を受けた後2ヶ月以内に税収優遇政策の申請を完成させた。