Call: (86) 755 8235 3177 | Email: Denchi.message@denchi.cn

ロイヤリティに対する課税

A社は広州に設立している日系生産企業であり、主に自動車部品の生産に従事し、一般貿易の方式で日本親会社から部品を輸入している。2015年9月に、港税関から「価格質疑通知書」を発行され、当月に輸入した部品の価格の合理性について質疑された。

その後、港税関から多くの財務資料の提出を要求され、且つ関連処理をA社の主管税関に移行された。主管税関はA社の財務資料を審査してから、A社が日本親会社に支払った技術譲渡費に対して輸入部品の完税価格に計上した上、輸入税金を追加納付すべきだと判定した。

私どものサービス
 A社の関連担当者と面談、議論し、関連資料をレビューの上、技術譲渡費の取引実質を把握した。
 税関法規の角度から、技術譲渡費の関連手配は課税条件に該当するか否かを分析した。
 技術譲渡費の実質に基づき、課税条件に該当する費用項目を分析した。企業にとって最も有利な分担方法を分析し、関連申請書及び証明資料を用意した。
 A社にとって最も有利な分担方法で処理し、且つ罰金の免除、及び追納年数の短縮ができるよう税関と交渉した。

結果
数回の交渉と証明資料の追加提出を経て、主管税関が私どもの説明及び申請を受け入れ、私どもの提示した分担方法に基づき税金を計算し、且つ当年度のみ税金を追徴し、罰金も免除してくれた。