実例から学ぶ 輸入申告の商品分類に関する税関リスク

実例から学ぶ 輸入申告の商品分類に関する税関リスク

輸入貨物の品目の分類(HS Code)によって、輸入貨物の関税と輸入増値税の税率が大きく異なる。また、商品品目の分類は極めて複雑であり、企業の税関担当者が一旦申告においてミスし、税関に低関税率のHS Codeを適用することによって、税金の申告漏れ或いは悪意的な脱税と認定され、税金と罰金を課される恐れがある。従って、企業は商品分類に係る税関リスクに留意しなければならない。現在使用しているHS codeを定期的にレビューし、新しい商品の場合、専門機構或いは税関の意見を求めることも考えられる。

コース概要

1、輸入申告における商品分類の重要性

  • HS Codeについて
  • HS Codeの間違いによるリスク

2、商品分類とは

  • HSコード制度
  • 商品分類の管理機構
  • 商品分類の体制及び根拠
  • 輸出入税則

3HS Code申告間違いの例

  • 背景
  • ケース1-基本情況
  • ケース1-分類のロジック
  • ケース1-税関の結論
  • ケース1-経験のまとめ
  • ケース2

4企業の対応へのアドバイス

  • 税関から質疑を受けられる段階
  • 自動車業界の特殊性
  • 事前準備
  • 過程管理
  • 後続管理
  • 回顧:商品分類システム及び根拠

講師紹介:


  • 余関茹

某四大会計事務所に5年間勤務し、税務及びビジネスコンサルティングサービスのシニアコンサルタントを担当。企業の税務・税関などの分野において豊富な経験を持つ。