香港会社の従業員のアレンジに関する分析

香港会社の従業員のアレンジに関する分析

広東省は地理的に香港に隣接しているため、香港会社の社員が中国国内で業務を行うことがよく見られる。典型的なアレンジ方式は次のように挙げられる:1)香港社員として出張で中国に来る;2)香港社員が中国国内に常駐する;3)香港社員が中国で兼任する。本コースでは、中国税の角度から、上述した方式の下、可能な税務リスクを比較分析し、類似する手配のある企業のために参考を提供する。

コース概要

1.       背景紹介

2.       アレンジ一:香港従業員が中国に出張する

3.       アレンジ二:香港会社の従業員が深セン会社に駐在する

4.       アレンジ三:香港会社の従業員が中国国内で兼任する

5.       まとめ

講師紹介:


  • 劉真

中国公認税理士、Denchi 深センシニアマネージャー 某四大会計事務所に5年間勤務し、税務及びビジネスコンサルティングサービスマネージャーを担当。これまでは大手多国籍企業、外商投資企業、中国企業を含む多数のお客様に全面的な税務及びビジネスコンサルティングサービスを提供してきた。