コース概要

国家税務総局が10月17日に、国家税務総局2017年37号公告を公布しました。2017年12月1日より、非居住者企業所得税の源泉徴収が大きな変化を迎えると予測されます。

前回に続き、37号公告の重要なポイントについて例を挙げてご説明させて頂きます。

例:

外国企業A社と国内企業B社がそれぞれ国内企業C社の50%の株を保有している。そのうち、A社がC社の50%の株を取得した原価は人民元500万元である。2016年1月10日にA社が人民元1000万元の対価でC社のすべての株をB社に譲渡した。持分譲渡契約によると、B社が2016年2月10日、2016年3月10日と2016年4月10日にA社に対し、それぞれ300万元、400万元と300万元の対価を支払う。

質問:

37号公告の下、本持分譲渡によるA社の課税所得はどのように計算すべきか。


【詳細資料は下記pdfをご覧ください↓】

【Denchi】毎週一問シリーズ第34期資料.pdf
なお、「無料視聴」で解釈音声資料をご利用になれます。





講師紹介:


  • 劉真

中国公認税理士、Denchi 深センシニアマネージャー 某四大会計事務所に5年間勤務し、税務及びビジネスコンサルティングサービスマネージャーを担当。これまでは大手多国籍企業、外商投資企業、中国企業を含む多数のお客様に全面的な税務及びビジネスコンサルティングサービスを提供してきた。