増値税改革の全面的実施Part3

増値税改革の全面的実施Part3

中国では2016年5月1日より全国的に増値税改革が実施されるようになった。今後、営業税が完全になくなり、すべての業種が増値税の課税範囲に該当することとなる。本セミナーでは、中国流通税改革の概要について紹介し、5月1日より増値税を適用し始める四つの業界の関連規定を取り上げて説明し、流通税改革による企業様への影響、及び企業の可能な対応策も含めて解説する。

増値税改革の全面的実施Part2

増値税改革の全面的実施Part2

中国では2016年5月1日より全国的に増値税改革が実施されるようになった。今後、営業税が完全になくなり、すべての業種が増値税の課税範囲に該当することとなる。本セミナーでは、中国流通税改革の概要について紹介し、5月1日より増値税を適用し始める四つの業界の関連規定を取り上げて説明し、流通税改革による企業様への影響、及び企業の可能な対応策も含めて解説する。

増値税改革の全面的実施Part1

増値税改革の全面的実施Part1

中国では2016年5月1日より全国的に増値税改革が実施されるようになった。今後、営業税が完全になくなり、すべての業種が増値税の課税範囲に該当することとなる。本セミナーでは、中国流通税改革の概要について紹介し、5月1日より増値税を適用し始める四つの業界の関連規定を取り上げて説明し、流通税改革による企業様への影響、及び企業の可能な対応策も含めて解説する。

香港会社の従業員のアレンジに関する分析

香港会社の従業員のアレンジに関する分析

広東省は地理的に香港に隣接しているため、香港会社の社員が中国国内で業務を行うことがよく見られる。典型的なアレンジ方式は次のように挙げられる:1)香港社員として出張で中国に来る;2)香港社員が中国国内に常駐する;3)香港社員が中国で兼任する。本コースでは、中国税の角度から、上述した方式の下、可能な税務リスクを比較分析し、類似する手配のある企業のために参考を提供する。

資産譲渡について

資産譲渡について

外商投資企業が資産譲渡を行う際に、契約の締結、必要な手続きと時間、税務と非税務面の要点などを考慮に入れなければならない。また、一般的な資産譲渡と全体的な資産譲渡では、税務処理において相違点が存在する。本コースでは、具体的な実例を挙げて、資産譲渡における上記の注意事項を深く分析し、異なる取引方式(一般資産譲渡か全体資産譲渡)下の関連税務処理を解説する。

持分譲渡について

持分譲渡について

外商投資企業の関わる持分譲渡のほとんどは、グループ内の持分構成の調整か外国企業による中国市場からの撤退を目的とする。取引のアレンジにより、税務処理も違ってくる。本コースでは、具体的な事例を挙げて、各取引方式(グループ外持分譲渡、グループ内持分譲渡、間接的持分譲渡など)下の税務リスク、及びタックスプランニングの要点を解説する。

貿易会社の財務・税務リスクとその回避策

貿易会社の財務・税務リスクとその回避策

経営者の皆様のリスク回避意識を高め、貿易会社のリスク管理を向上させるために、本コースでは貿易会社の日常業務に係る流通税の問題について、事前、事中と事後管理の各方面における税務リスクに関して説明し、アドバイスする。

中国市場からの撤退

中国市場からの撤退

外商投資企業の抹消に関わる手続きが通常煩雑であり、所要期間が長く、企業の資産(設備、土地、在庫、債権債務等)の処置、税務と税関抹消、及び社員の安置などの事項による税務・非税務リスクが特に要注意である。本コースでは、事例を挙げながら、外商投資企業の抹消に関する手続きと所要期間、及び上述した税務・非税務面のリスクを開設し、これから清算と抹消を行う予定の外商投資企業のために有効な参考情報を提供する。

企業納税信用格付けに関するトレーニング

企業納税信用格付けに関するトレーニング

税務局が2014年より企業に対して実施し始めた納税信用格付け制度では、評価の指標がより数量化され、複雑になっているのみではく、その評価結果は企業の社会信用度と日常の税務事項の処理に直接影響を与えてしまう。税務局がその評価結果により、他の政府部署とともに企業に対して、共同賞罰を実施することも要注意。本コースでは、納税信用格付けの指標、企業への影響、及び企業の取るべき対策などについて、全面的に解釈し、企業の納税信用体制の構築に役立つと想定される。