通関単修正による通関業務の重大変化及び企業への影響Part3

通関単修正による通関業務の重大変化及び企業への影響Part3

税関総署公告2016年第20号の発表により、従来の通関単の書式が大きく変更された。そのうち、特にご注目頂きたいのは、「特殊関係確認」、「価格影響確認」又は「ロイヤリティ支払の有無」という三箇所である。

通関単修正による通関業務の重大変化及び企業への影響Part2

通関単修正による通関業務の重大変化及び企業への影響Part2

税関総署公告2016年第20号の発表により、従来の通関単の書式が大きく変更された。そのうち、特にご注目頂きたいのは、「特殊関係確認」、「価格影響確認」又は「ロイヤリティ支払の有無」という三箇所である。

通関単修正による通関業務の重大変化及び企業への影響Part1

通関単修正による通関業務の重大変化及び企業への影響Part1

税関総署公告2016年第20号の発表により、従来の通関単の書式が大きく変更された。そのうち、特にご注目頂きたいのは、「特殊関係確認」、「価格影響確認」又は「ロイヤリティ支払の有無」という三箇所である。

実例から学ぶ ロイヤリティに関する税関リスク

実例から学ぶ ロイヤリティに関する税関リスク

ロイヤリティの定義とは?ロイヤリティを輸入貨物の課税価格に算入する場合の条件は何があるのか?輸出入の実務における注意点は?企業が如何に対応すべきか?本コースでは、ロイヤルティに係る税関リスク及び対応策について、実際のケースをもって私どもの経験をシェアさせて頂きたい。

実例から学ぶ 輸入申告の商品分類に関する税関リスク

実例から学ぶ 輸入申告の商品分類に関する税関リスク

輸入貨物の品目の分類(HS Code)によって、輸入貨物の関税と輸入増値税の税率が大きく異なる。また、商品品目の分類は極めて複雑であり、企業の税関担当者が一旦申告においてミスし、税関に低関税率のHS Codeを適用することによって、税金の申告漏れ或いは悪意的な脱税と認定され、税金と罰金を課される恐れがある。従って、企業は商品分類に係る税関リスクに留意しなければならない。現在使用しているHS codeを定期的にレビューし、新しい商品の場合、専門機構或いは税関の意見を求めることも考えられる。

実例から学ぶ輸入申告価格に関する税関リスク

実例から学ぶ輸入申告価格に関する税関リスク

合理的な輸入申告価格とは?輸入申告価格を影響する要素は何かあるのか?もし税関に輸入申告価格の設定が合理的ではないと指摘される場合、如何に対応すべきか?本コースでは、輸入申告価格に関する税関リスク及び対応について、実際のケースをもって私どもの経験をシェアさせて頂く。

加工貿易パワーアップ編

加工貿易パワーアップ編

経営加工貿易がよく税関に狙われることをご存知か?どのようなところが狙われているか?その理由は?本コースでは、他社の実例を取り上げて紹介し、加工貿易の「さまざまな罠」を把握してもらい、税関に注目されないように協力する。